アイドル批評空間

アイドルについて少し掘り下げて考えるブログ

書評

今こそ『前田敦子はキリストを超えた』を読み直す

先日、批評家で、アイドルグループPIPの元総合プロデューサーの濱野智史が、ニコ生で「濱野智史の告解と懺悔」と題された放送を行った。これはPIPの解散を発表するものであると共に、その試みが失敗であったことを、プロデューサー自身が認めるというもので…

SMAP解散の必然性~太田省一『ジャニーズの正体――エンターテインメントの戦後史』書評~

はじめに 先日、松谷創一郎『SMAPはなぜ解散したのか』を読んだ。この本を通じて、事実関係の整理をすることができたのだが、同時にその結論に対して少し物足りなさも感じた。その結論とは、人情のぶつかり合い、というものだった。つまり、SMAPのマネージャ…

矢野利裕『ジャニーズと日本』についてのメモ、あるいはSMAPの特異性

はじめに SMAPの解散発表があったからか、今月はSMAP関連の新書がいくつか出た。ここでは、その中で最も面白かった矢野利裕『ジャニーズと日本』を取り上げ、特に気になった部分について、いくらかコメントを加えていこうと思う。

須藤凜々花『人生を危険にさらせ!』を真剣に哲学書として読んでみた

はじめに 『人生を危険にさらせ!』という本は以前から気になっていました。須藤さん本人が哲学書だと宣言している以上、いったいどれくらいの水準に達している本なのか確かめてみたかったからです。加えて、Amazonレビューやブログの書評などでは軒並み高評…

【書評】宗像明将『渡辺淳之介 アイドルをクリエイトする』

まず初めに断っておくが、タイトルに書評と書いてあるからといって、この本の内容の紹介をすることはできない。する気もない。そうではなく、評者の問題意識の範囲内で特に興味深かった点を紹介し、そこから少しだけ議論を展開することにしたい。