アイドル批評空間

アイドルとかについて書くときがあります

・ちゃんの課題図書を読む②

『観光客の哲学』の第1部はこちらからどうぞ。

 

第2部 家族の哲学(序論)

第5章 家族

1、なぜ家族について考えるのか

・これまであったアイデンティティ

①個人→資本主義(グローバリズム

②共同体→国家主義ナショナリズム

③階級→共産主義

⇒かつては、共産主義が個人と国家を同時に批判していたが、いまや共産主義は力を失った。だから、新たに個人と国家を同時に批判するための足場(=アイデンティティ)をつくる必要がある。

⇒観光客が拠りどころにすべき、第四のアイデンティティとは、家族である。

・私たちのなかにいまだある「家族的なもの」への執着を利用して、どのようにして新しい連帯をつくれるのかを考えることが、家族の哲学の課題。

 

2、家族の三つの特徴

・郵便的マルチチュードは、新しい家族的連帯に支えなければならない。

・家族という概念の注目すべき点

①強制性…家族には合理的判断を超えた強制力がある。

⇒人は家族のために死ぬことがありうる。ゆえに、新しい政治の基礎になりうる。

②偶然性…ある親からある子どもが生まれることは、偶然。家族は偶然性に支えられている。

⇒「人はだれもがひとりきりでは生まれることができない」を出発点にした、新たな実存哲学へ(ハイデガーの「死」の哲学とは対照的に)。

③拡張性…家族は偶然の存在なので、血縁以外の要素によって拡張することができる。

・「人格のない新生児への愛→子どもに人格が生まれる」というように、初めから種の壁を越えた憐れみ=誤配があって(人格のない子どもを愛せるということは、人格のない他の種の生き物をも愛せるということだから)、それゆえに家族をつくることができる。

☆家族はそれのために死ぬことができるようなものなので、政治の基礎になりうるが、同時に偶然性に支えられているものでもあるので、その範囲を拡張することができる。

 

第6章 不気味なもの

1、サイバースペースという言葉はなぜ生まれたか

・東は情報社会をサイバースペースという比喩で捉えることを批判した。では、この言葉はいかにして生まれたのか。

・1980年代になると、SFにおいて、宇宙や未来を描くだけでは、人々の想像力を刺激すること(=異化)ができなくなった。

⇒選択肢①:それでも宇宙や未来にこだわる(例:『スターウォーズ』)

 選択肢②:新たな文学的フロンティアを探す(例:ギブスン)

⇒②を選んだ人たちが、宇宙でも未来でもない新たな場所として考え出したのが、サイバースペースだった(この時この言葉は文学的比喩に過ぎなかった)。

サイバースペースという言葉は、ギブスンの『ニューロマンサー』(1984年)を出版してから十年ほどで、情報産業の未来とアメリカの歴史を重ねるための政治的な言葉に変わっていった(サイバースペース=新たなフロンティア)。

 

2、サイバースペースから不気味なものへ

・ギブスン…現実とサイバースペースが区別された世界を描いた。

 ディック…現実とサイバースペースの境界が曖昧になるという経験を、現代社会の本質と捉えた。 

⇒東は、ディックの読解こそが、新たな情報社会論の基礎になるはずだと考える。

ツイッターを使っていると、次第に本アカと裏アカの区別がつかなくなる。裏アカでつぶやいた毒が、「不気味なもの」として、本アカのほうにも影響を与えていく。このことはディックの考えの正しさを示しているのではないか。

 

3、ポストモダンの新たな主体

ラカンの主体の理論

①想像的同一化…目で見ることのできるイメージへの同一化(両親や教師をまねること)。

②象徴的同一化…世界を成り立たせている秩序への同一化(両親や教師のふるまいのメカニズムを理解すること)。

サイバースペースの概念が生まれたのは、ポストモダンの時代。この時代は、「大きな物語」(SFにおける宇宙や未来を信じる夢)の喪失によって定義されるが、これはラカンの理論においては、世界を成り立たせている秩序(象徴界)がうまく機能しなくなることを意味している。つまり象徴的同一化がうまくできなくなる。

・では、こうした時代においていかに二重の同一化を確保し、主体を成立させるのか。

⇒これに東は、宛先の二重化で答えた。つまり、ポストモダンの世界では想像的同一化の対象(イメージ)と象徴的同一化の対象(シンボル)が等価に並び立ち、主体はその二つに同時に同一化する。その結果、あるときイメージに同一化していても、つねにシンボルへの同一化から介入が来るというような葛藤が生じる(東はこの理論を254頁の図4の説明にも用いている)。

ラカンは、主体が主体であるにはまず想像的同一化をし、次いで象徴的同一化をすることが必要だと考えたが、ポストモダンの時代になって、象徴的同一化がうまくいかなくなった。そこで東は、主体が、等しく並べられた想像的同一化の対象と象徴的同一化の対象に同時に関わるようなモデルを考えた。

 

第7章 ドストエフスキーの最後の主体

1、なぜドストエフスキーなのか

ドストエフスキーは、信仰や正義が失われた時代に、ひとがテロリストにならないためにはどうすればいいかを考えていた。

⇒第7章では、ドストエフスキーの作品をたどることで、観光客=郵便的マルチチュードが、テロリストにならない方法について考えていく。

 

2、地下室人の論理

・『地下室の手記』の地下室人は、新しい技術や消費社会こそが理想社会につながるというユートピア論を批判している。

⇒現代では、情報技術の発展で働かなくて済む社会が訪れるといったことが言われる一方で、世界中に同じようなショッピングモールが建ち観光客が行き交うという、動物的ユートピアが出現しているが、地下室人ならばこれらを共に拒否するだろう。

 

3、『悪霊』における第三の主体

・地下室人は、ユートピアの理想に隠された倒錯的な快楽=正しいことをすることのエロテックな歓びに気付いているので、それに巻き込まれない権利を主張する。

⇒世界がどれほどユートピアに近づいても、そのユートピアがどれほど完全でも、ユートピアユートピアである限り、その全体を拒否するテロリスト(=地下室人)は生まれる。これが今の世界が直面している問題に他ならない。

ドストエフスキーは『悪霊』において第三の主体にたどり着いた。

①第一の主体…社会を変えたいと願う人間(社会主義者)。

②第二の主体…社会を変えるのは偽善だとののしる人間(地下室人)。

③第三の主体…社会なんか変わっても変わらなくてもいいから好きなことをやればいいとうそぶく人間(スタヴローギン)。

 

4・5、最後の主体=不能の父

ドストエフスキーはスタヴローギンを肯定したわけではなく、むしろ彼の無関心病からの解放の必要性こそを訴えた(⇒最後の主体へ)。

・『カラマーゾフの兄弟』では、アリョーシャが主人公だとされていて、彼が最後の主体ではないかと推測されるのだが、『カラマーゾフ』第一巻においては、アリョーシャの役割は漠然としている。

⇒書かれなかった第二巻を空想する必要がある。

・第二巻でアリョーシャは、コーリャ(第三の主体)たち=息子たちに囲まれて、家族的な共同体を形成するのではないか。

⇒しかしアリョーシャは、コーリャを救うことのできない、不能の父でしかない。

⇒しかしこの不能性こそが、イワン=コーリャ(第三の主体)の乗り越えを可能にする。

リベラリズムの偽善(第一の主体)を乗り越え、ナショナリズムの快楽の罠(第二の主体)を逃れたあと、グローバリズムニヒリズム(第三の主体)から身を引きはがし、子どもたちに囲まれた不能の主体(最後の主体)=観光客の主体に到達する。

・この不能の主体は世界を変えることを諦めるわけではない。

⇒イリューシャの葬儀の場面でコーリャがカラマーゾフ万歳と叫んだことは次のことを示唆する。すなわち、ある子どもは偶然で生まれ、偶然で死ぬ。そしてまた新しい子どもが偶然で生まれ、必然の存在へと変わっていく(⇒第5章の2)。イリューシャの死はそのような運動で乗り越えられる。そしてこの運動はふつう、家族と呼ばれている。

⇒不能の主体は不能だが無力ではない。運命を子どもたちに委ねることで、イワン=スタヴローギンのニヒリズムを脱することができる。

 

6、再び他者について

・かつてのリベラリズム(第一の主体)は他者の原理を持っていたが、いまやそれは力を持たない(⇒第1章の1)。とはいえ、コミュニタリアニズムナショナリズム、第二の主体)とリバタリアニズムグローバリズム、第三の主体)は、そもそも他者の原理を持たない(前者は自分たち=国家のことを優先して考えるし、後者は自分=個人のことを優先して考えるので)。だからいま、他者への寛容を支える哲学の原理は、家族的類似あるいは誤配くらいしか残っていない。つまり、不能の主体としての私たちが、他者を子どものように扱うべきなのではないか。

 

ドッツのコンセプト解説の解説②

 以下で示すのは、ドッツ運営が振付師のかたに送った文章「東京マヌカン 歌詞解釈とカバーコンセプトについて」についてのみの要約になります。今回のコンセプト担当の記事は、おおよそこの文章の内容に尽きます。

続きを読む

・ちゃんの課題図書を読む①

東浩紀『ゲンロン0――観光客の哲学』

                                       

 

第1部 観光客の哲学

第1章 観光

1、観光客の哲学は他者の哲学である

・リベラル知識人(あるいはその背景にある欧米の思想)は、つまるところ「他者を大事にしろ」と言ってきたが、人々は世界中で「他者とつきあうのは疲れた」と主張し始めた。

・こうした状況の中で、正面から「他者を大事にしろ」と唱えるのではなく、ただ自分の満足を満たすためだけの観光という「裏口」から「他者を大事にしろ」という命題のなかに引きずり込むことが観光客の哲学の目標。

☆みんな自分(たち)のことで精一杯なのに、賢そうな奴らに「他者を大事にしろ」とか言われてもなかなか受け入れられない。だから、自分のことだけ考えてやる行動をしてるうちに他者への思いやりみたいなものが生まれるような仕組みを考える必要があって、それこそが観光なのではないか。

続きを読む

ドッツのコンセプト解説の解説①

    大きく分けて、二つの話が書かれてあった。まずは「アイドルの枠」問題に絡めながら、アイドルそのものについて(第2節)。そして二つ目に、アイドルと批評の関係について(第3節)。

続きを読む

Tokyo in Books――・・・・・・・・・の思想的背景について

1、はじめに

 この記事では、2016年9月から活動している日本の女性アイドルグループ「・・・・・・・・・」(以下、ドッツと表記)のコンセプトの思想的背景を明らかにしていく。端的に言えば、ドッツのコンセプトに大きく影響を与えていると考えられる思想家・評論家として、東浩紀宇野常寛濱野智史の名前を挙げることができるだろう。基本的にはこの三者の議論を辿ることが多くなるが、彼らの議論における共通の問題意識をより明らかにするために、まず大澤真幸による戦後日本の時代区分を確認し、その後で東の議論および宇野・濱野によるAKB48にかんする議論を見ていき、ドッツのコンセプトとの関連や差異を浮かび上がらせることにしたい。

続きを読む

・・・・・・・・・2ndシングル「Tokyo in Cage」について

    現在「アイドルと芸術」展で展示されている・・・・・・・・・(以下、ドッツと表記)の2ndシングル「Tokyo in Cage」を鑑賞してきました。主な感想は3つ。1つ目と2つ目は短くて、3つ目は少しだけ長くなります。では1つ目から。

続きを読む

古村雪「ポストスーパーフラット・アートスクール成果展ファン投票最優秀作品『会いに行け アイドル(2035年)』作者解説」を読む

 タイトルが長くてすみません。今回の記事は、・・・・・・・・・(以下、ドッツと表記)のコンセプト担当である古村雪さんが2014年に書いた「ポストスーパーフラット・アートスクール成果展ファン投票最優秀作品『会いに行け アイドル(2035年)』作者解説」(以下、「作者解説」と表記)の一部を読んでいき、そこから読み取れる内容とドッツのコンセプトとの関連について探っていく、というものです。少し長めになります。

続きを読む

・・・・・・・・・はなぜ王道アイドルなのか

    ・・・・・・・・・(以下、ドッツ)は紛うことなき王道アイドルです。しかしそれは、いかなる意味においてのことでしょうか。

    ドッツはよくへんなことをやります。コンセプト担当はインタヴューでいつも小難しいことを言ってます。しかしその一方で、特に何も考えなくとも、パフォーマンスを楽しむことはできます。ノイズだけでなく親しみやすい楽曲もあります。かくて、ドッツは王道アイドルでもある…。

続きを読む

・・・・・・・・・1st single『CD』について

    ・・・・・・・・・(以下、ドッツと表記)の初のシングルである『CD』が、昨日リリースされました。実はこの記事を書いている時点でまだ『CD』は聴けていないのですが、ツイッターのTL上に流れてきた感想を踏まえた上で、現時点での感想を残しておきます。 

 まず『CD』の収録曲は一曲であり、その長さは72分。より詳しく言えば、72分の中に「普通の」曲が三曲入っていて、その間がノイズでつながれている(らしい)。ほとんどノイズじゃないか!でもこれはとても面白いと思う。個人的に面白く思ったことが二つあったので一つずつ書いておく。

 これだけ長い間ノイズが流れているから、真面目にぜんぶ聴いていたらどうにかなりそうだ。実際、こんなツイートを見かけた(以下、表現には元のツイートとの異同がある)。「後半はノイズばかりで最後まで聴いていたら、聴き終わってからも周りの物音=ノイズが曲に聞こえるようになった」。すごい!これでこそ身に纏えるアイドルじゃないか!

 多分よくわからないと思うので、少し説明する。周知のようにドッツのメンバー名前はそれぞれ・である。しかしここで、まず女の子たちがいて、次にその彼女たちに・という名前が与えられた、というような考え方をしてしまうと、ドッツを理解するのは難しくなる。まず・ちゃんがいる。次にその・ちゃんが時には女の子として、またある時にはCDとして、曲として、音声として、匂いとして、心臓の鼓動として…というように多様な形で現れてくる。こう考えた方がいい。

 これを踏まえて改めて先のツイートを考えてみる。曲という形で現れていた・ちゃんたち。曲が終わる。周りからは色んな物音。いつもは気にもしなかったか、何なら鬱陶しいとすら感じていたかもしれない多様な音たちが、今では曲に聞こえてくる。ここで・ちゃんたちは、私たちの周りの様々な音にまで滲み出ていって、私たちを取り囲む。『CD』の収録曲のタイトルは「Tokyo」だが、まさにこの曲は私たちの周囲を取り巻く都市そのものになるのだとも言える。

 こうして考えてくると、ドッツとノイズとの関係についてまだまだ考えることはありそうだ。しかしここでは、二つ目に移る。

 私たちがアイドルの楽曲を聴いているとき、それは何のために聴いているのだろうか。好きなグループの曲だから、曲がいいから、盛り上がるから。本当にそれだけ?その曲を聴いて詳しくなることで、今度行くライブでそれが歌われているときにより盛り上がることができるから、というような場合は少なくないのではなかろうか。

 つまり、現場での聴取体験が頂点に置かれ、CDによる音楽の聴取がそれに従属するということは、アイドルの楽曲の場合に、しばしば生じているのではないか*1。しかし、『CD』では「普通」の曲の前後はノイズの侵入を受けており、ライブの予習のために「純粋な」曲を聴くことは望めそうにない。『CD』の楽曲は、現場での聴取にCDによる聴取を従属させる意図をノイズで妨害してくるかのようだ。『CD』は、現場での聴取に従属せず、だからといってそれに優越するわけでもない別の聴取体験をもたらす。CDの楽曲を、現場での聴取を想定することなくそれそのものとして聴くこと。CDに与えられた『CD』という名前は、こうしたことを訴えているようにも思える。

*1:例えば演奏をする能力が高くないバンドであれば、ライブよりもCDでの聴取が優位になるということはありうる。しかし、アイドルでは現場の重要性が極めて高いので、CDでの聴取よりも現場での聴取により高い価値が与えられることが少なくない。現に、現場での聴取を行わない「在宅」オタクの地位を、高いと言うことはできないだろう。

須藤凜々花の結婚宣言からアイドルの恋愛禁止とガチ恋を考える

 少し前に、NMB48須藤凜々花さんによるAKB48選抜総選挙のスピーチにおいて、「結婚宣言」がなされたことがかなり話題となりました。これに対しては様々な意見が出ていましたが、普段はアイドルに興味もないが何か話題になっているということで批判めいたことを言っていた、ことあるごとに話題のテーマをダシにして自分の陳腐な意見を開陳する一群の人々は、すでに他の話題に関心が移って、この結婚宣言のことには興味を失い始めているころでしょう。ここらで少し自分の意見を残しておきます。

続きを読む

「Especiaは概念である」という命題について

 周知のように、「Especiaとは概念である」という命題が存在する。Especiaが解散した今、この命題はさらにその重みを増してきていると言うことができよう。しかしながら、この命題には変更が加えられなければならない。というのも、概念とはただ存在すると言明することによって容易に存在しうるものではないからだ。

続きを読む

今こそ『前田敦子はキリストを超えた』を読み直す

 先日、批評家で、アイドルグループPIPの元総合プロデューサーの濱野智史が、ニコ生で「濱野智史の告解と懺悔」と題された放送を行った。これはPIPの解散を発表するものであると共に、その試みが失敗であったことを、プロデューサー自身が認めるというものでもあった。また濱野は、今後アイドルには関わらないということも明言していた。

続きを読む

SMAP解散の必然性~太田省一『ジャニーズの正体――エンターテインメントの戦後史』書評~

はじめに

 先日、松谷創一郎SMAPはなぜ解散したのか』を読んだ。この本を通じて、事実関係の整理をすることができたのだが、同時にその結論に対して少し物足りなさも感じた。その結論とは、人情のぶつかり合い、というものだった。つまり、SMAPのマネージャーに対する人情を選ぶのか、ジャニーズ事務所に対する人情を選ぶのかという人情のぶつかり合いこそが今回の解散の真相である、と。確かにそうなのかもしれない。しかしこれはやはり事実を確認しているだけのような気がした。いやそれだけでも十分有益な本であることは間違いないのであろうが、今回の解散に関してもう少し深く考えてみることはできないものか。

続きを読む

ESPECIAが解散を発表しました

第2章に入ってから1年と経たないうちにESPECIAの解散が発表されました。

まず始めに明かしておかなければならないのは、第2章になってから自分が1度もESPECIAの現場に行っていないということ。以下思い付くまま書きますが、あくまでライブに行かなかった奴の言い訳でしかないという部分が少なくありません。

続きを読む

改めてアイドル批評の必要性について~『ゲンロン4』を手掛かりに~

 このブログを始めてからもう少しで一年が経とうとしていますが、最初のブログのタイトルは「アイドル批評とは何か」でした。新年だから、というわけではないのですが、このあたりで改めてなぜアイドル批評が必要だと考えるのかを書いておきます。ここでは、先日読んだ『ゲンロン4』における議論を手掛かりにして考えていきます。

続きを読む